施設案内

chotCASTなんば 概要

大阪検査相談・啓発・支援センター(愛称=chotCASTなんば)は、「関西におけるHIV/AIDS問題の総合的な解決」を目的として設立されました。

HIV/AIDSの総合的な解決のために必要なことは、次のことが挙げられます。

  1. HIV感染症の予防
  2. 感染の早期発見と医療機関へのアクセス促進
  3. HIV陽性者の治療継続や社会生活の支援

これらの問題を解決するためには、何よりも「HIV/AIDSに関する正しい知識と情報の普及」を進めていくことが大切です。また、「HIV/AIDSへの誤解や偏見」、「HIVに感染された人などへの差別」の解消が不可欠であると考えています。

chotCASTなんばは、HIV感染症の問題に誰もが冷静に向き合い、HIVに感染された人々と周囲の人たちが助け合い、暮らしやすい社会環境をつくることを目的としています。

chotCAST

communication hub of testing, counseling and support

※chotCASTなんばは2つのNPOによって運営しております。また、HIVエイズに関わる様々な団体・個人によって支えられています。

「検査・相談」運営主体:大阪府および大阪市
受託運営:特定非営利活動法人スマートらいふネット
「コミュニティセンター」運営主体:厚生労働省
受託運営:特定非営利活動法人HIVと人権・情報センター

平面図

イチエイ総合ビル3F平面図